よくある質問(FAQ)

不動産広告発信システムVer.4.6

バックアップデータによる移行

【ご注意】バックアップを取得したパソコンのWindowsのバージョンと新しいパソコンのバージョンが同一の場合のみバックアップの復元が可能です。バージョンが異なる場合は、「フォルダコピーによる移行」をご確認下さい。

1.事前に移動前のパソコンでバックアップを行います。
 バックアップは「ADBKUP.LZH」というファイルで保存されます。
 「ADBKUP.LZH」を新しいパソコンのCドライブフォルダに貼り付けます。

2.移行先のパソコンに不動産広告発信システムをインストールします。
 インストール用のプログラムはリンク:不動産広告発信システムVer.4.6 インストール用プログラムからダウンロード出来ます。

3.インストール後、バージョンアップをします。
 バージョンアップ用のプログラムはリンク:不動産広告発信システムVer.4.6 バージョンアップ用プログラムからダウンロード出来ます。

4.バックアップの復元をします。
 Windowsの「スタート」→「プログラム(すべてのプログラム)」→「不動産広告発信システム Ver4.6」→「バックアップの復元」を選択します。

 フォルダ選択画面で「C:\」を選択し「確定」ボタンをクリックします。

5.復元作業が完了しましたら不動産広告発信システムを起動し物件や画像が入っているかご確認下さい。
※住所データは再度ダウンロードが必要になります。ヘルプデスクまでご連絡下さい。
※復元が完了しましたら移動元のパソコンから不動産広告発信システムを削除して下さい。

ページトップへ

フォルダコピーによる移行

【ご注意】移動に利用するフォルダはWindowsのバージョンにより異なります。また作業を誤るとデータが消失する可能性がありますのでご注意下さい。

  1. 移動前のパソコンでAPSフォルダをコピーします。
    WindowsXPの場合:Cドライブ→ProgramFiles→ADPARK
    Windows7/10の場合:Cドライブ→ユーザ→パブリック→ADPARK
    コピーしたフォルダは新しいパソコンのデスクトップに貼り付けます。
  2. 移動先のパソコンに不動産広告発信システムをインストールします。 インストール用のプログラムはリンク: 不動産広告発信システムVer.4.6 インストール用プログラム からダウンロード出来ます。
  3. インストール後、バージョンアップをします。
    バージョンアップ用のプログラムはリンク: 不動産広告発信システムVer.4.6 バージョンアップ用プログラム からダウンロード出来ます。
  4. デスクトップに張り付けたAPSフォルダ内の不要なフォルダとファイルを削除します。
    • Adpopフォルダ内のフォルダ以外のファイルを削除
    • Binフォルダを削除
    • BKUPフォルダを削除
    • MDBフォルダのTransmitData.mdbファイルを削除
    • SYSフォルダのSYSTEM(SYSTEM.INI)ファイルを削除
  5. APSフォルダをコピーし新しいパソコンのAPSフォルダに上書きします。
    Windows7/10 : Cドライブ→ユーザ→パブリック→ADPARK
  6. フォルダの上書き完了後、不動産広告発信システムを起動し物件や画像をご確認下さい。
    ※復元が完了しましたら移動元のパソコンから不動産広告発信システムを削除して下さい。

ページトップへ

パソコンが壊れ不動産広告発信システムのデータが消えてしまった。

バックアップがある場合は「バックアップデータによる移行」をご確認下さい。

バックアップがない場合は以下2つの方法からご選択頂きます。
・有償で物件データを復旧する
 戻せるデータに限りがございますので詳細についてはヘルプデスクまでご連絡下さい。
・無償で会社情報のみ復旧する
 物件データを一からご入力頂ける場合、無償で会社情報のみ復旧する事が出来ます。
 無償の場合もお申込みが必要になりますのでヘルプデスクまでご連絡下さい。

ページトップへ